5月 2016

2016/05/09

春のヘッドフォン祭2016の感想とQ&A




ヘッドフォン祭2016に参加してきました。 公式のサイトはこちら
今回は、2日間を通してCyberdrive様(公式サイト)にてブース対応をさせていただきました。



・Cyberdriveブースで話題だったもの

・Seiun PRO 
   今回はモックアップのみの展示でした。出荷予定は5月の末の予定です。
  一般販売分に関しては7月頃を予定しているとのことでした(価格は$300)
  因みに出荷の遅れの原因は発熱だそうでソフトウェア側からのアプローチで
  解決を目指しているとのことでした。

・Seiun Plus
  実は、私も当日会場で見せられるまでこのDAPの存在を知りませんでした。
  朝、社長と話していて「PRO Xまだ〜?」って聞いたら「PLUSだ!」と
  見せられたのが初対面でした笑
  仕様は、
  ・DACにES9018Q2Cを使っています。
  ・32/384までの音源の再生に対応しています(DSDは非対応)。
  ・ストレージは32or64GB(内蔵)を予定しています。
  ・会場に展示されていたwoodバージョンはindiegogoで投資した人たち向けの
   限定モデルになる予定です。
  ・価格は1万5千円〜2万円以内を予定しているそうです。
  ・因みにSeiun Plusですがイベント終了後社長直々に1台頂くことになりました。
   今後は、イベント等などにも持って行きますのでご試聴を希望される方はお気軽に
   お声掛け下さい(社長曰く日本のオーディオクラスタに自慢しろ!とのことです)




 
・ヘッドフォン祭で頂いたseiun関連の質問に対するQ&A

Q.Seiun Pro Xの技適はどうなっているのか
A.はい。今回のイベントまで技適に関しては一切取得等の予定もなかったようです。
 ですが、質問を多くいただいていたので社長に直接ご説明させていただきました。
 その結果、今後一般販売の分に関しては必ず技適を取得してくれるようです。
 この件に関しまして今後も随時連絡を取りながらまた動きがあればブログやtwitter等
 で告知させていただく機会があるかもしれません。

Q.Seiun Playerのスピーカーの形が他の人と違う
A.Seiun Playerは初期段階では縦型のスピーカーのデザインが採用されていました。
 しかし、後に穴が3つ空いたタイプのスピーカーデザインに変更になったようです。
 ですが、出荷の順番によって初期段階のデザインのまま出荷されたものが存在します。
 因みに機能的には一切変わらないようなので何か問題があるなどということはないので
 安心してご利用ください。

Q.結局あなたは中の人なんですか?
A.いいえ。私は事業等には直接関わっているわけではありません苦笑。
 以前ポタフェスの際にお手伝いさせていただいたご縁で今回もお手伝いさせていただきました。
 元々は、自分も投資側の人間であり是非Cyberdriveを応援していきたいという気持ちからお手伝いしていると考えてください。
 また、Cyberdriveには日本語で説明できる方が実質お一人しかいらっしゃらないという事情もあり、プレス対応等も自分が受けさせていただく場合がございます。
 もしかしたら、今後のイベントでもブースに立つことがあるかもしれません。その際はお気軽に話しかけていただければ最大限対応させていただきますのでよろしくお願いします。
 
 

・出店側から見たヘッドフォン祭(感想)
 ・以前に比べて女性が減った気がする
 ・DAPerが以前とは比べ物にならないくらい増えていた笑
 ・2日目の午後来ると比較的空いている状態でのんびり試聴できていいかも
 ・Cyberdriveブースに来るなら中国語喋れたほうが絶対楽しいです!
 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。